アイ-ウッドの強み災害に強い安心の住まい

Safety 05

災害から家族を守る性能

日本では、地震、津波、台風、火災など、さまざまな災害が起こっています。家には快適性と同様に、こういった自然災害から家族を守る性能・機能が求められるのです。
アイ-ウッドでは耐震、耐風対策に関する新しい技術を取り入れ、災害に強い住まいづくりを心がけています。

イメージ画像
  • ロゴ:KOCHI
  • オプション

コーチパネル

繰り返し来る余震にも耐える、圧倒的な強さ。

「コーチパネル」は、面材・断熱材・問柱・枠材が一体化したパネル。力を分散させるモノコック構造で高い強度を誇ります。震度7を超える地震や、何度も起こる余震にも耐え、あなたの大切な家族と財産守ります。
建築基準法で定められた耐力壁の強さを表した数値・壁倍率は4.8相当。従来の工法に比べて約2倍の耐力と、約1.6倍もの粘り強さを発揮します。

「壁倍率」とは、地震や風など横の力や、屋根に積もる雪の重さなどに耐えられる「構造的に重要な壁(耐力壁)の強さ」を表した数値。上限値は壁倍率5。この数値が大きいほど耐震性能が高い。

コーチパネル公式サイト
イメージ画像
  • ロゴ:UFO-E
  • オプション

UFO-E

大地震の揺れを半分にまで減震する実力。

「摩擦減震」とは、円盤状の小さな「UFO-E」を基礎と土台の間に取り付け、地震の力を滑りで逃がし、摩擦抵抗でブレーキをかけて、地震力(300〜800galの加速度)を半分以下にする「大型地震対策」の新しい概念です。
免震構造と同じ絶縁工法でありながら、免震構造の10分の1程度と低コストです。さらにアンカーボルトに差し込むだけで簡単に施工できます。

UFO-E公式サイト
  • ロゴ:V-RECS〈SG〉
  • オプション

V-RECS〈SG〉

地震に強い木造住宅を求めて。

倒壊被害の回避をめざす従来の住宅耐震基準だけでなく、地震エネルギーを制御する制震技術が注目されています。地震による実際の住宅被害は、倒壊しなくても揺れにより接合部が損傷したり、繰り返す余震で被害が拡大して住めなくなることもあるからです。
耐震力と制震力の相乗効果を発揮し、使いやすさも2倍になったカネシンV-RECS〈SG〉工法は、安心住宅の標準仕様を目指して開発されました。

V-RECS〈SG〉 公式サイト
  • ロゴ:HKS® MER SYSTEM
  • オプション

HKS® MER SYSTEM

レーシングスピリッツが地震から住まいを守る。

HKS® MER-SYSTEMは地震、交通振動、風等による建物の変形エネルギーにいち早く反応し吸収することで、応答加速度の低減に効果を発揮し、建物の変形を抑えることで損傷を最小限に食い止めます。
また、長期間のメンテナンスフリー構造を採用することで、いつ起こるかわからない地震や繰り返し襲ってくる余震にも、その性能を維持し続けます。

MER SYSTEM 公式サイト
ai-wood BRAND BOOK

ai-wood BRAND BOOK

アイ-ウッドのコンセプトや魅力、家づくりについてや、住宅ローン減税やすまい給付金など、かしこく家づくりを行うための情報が満載です。各展示場やショールームでの配布、当ホームページから無料でご請求いただけます。

カタログ請求はこちら

0120-096-255

電話受付/9:00〜17:30(水曜定休)

営業時間/9:00〜18:00