お客様の声

イメージ画像

家族ならではの“暮らし方”を大切に守り、育てる家。

  • H様邸(阿蘇市)
  • 家族構成:大人3人
  • 1階91.09㎡(27.55坪)

ずっと土足で暮らす。
そんな暮らし方を受け留めてくれたビルダー

イメージ画像
当初よりも鋭角にし、屋根の角度は最後まで微調整しました。

阿蘇の山々を望むのどかな田園地帯に完成した、片流れ屋根の家。実はこちら、ベッドとお風呂以外は全て「靴のまま」。リビングもなく、土間の広い廊下とカウンターキッチンが家の真ん中にある、ユニークな家だ。「昔から我が家はずっと、家の中でも土足なんですよ」と、ここで暮らすHさん一家は微笑む。長男Sさんと、その父母の3人暮らしだ。

以前は、なんと自分たちで作った家に住んでいたというH家。経年劣化に加え熊本地震で痛んでしまい、「プロが建てた家に住もう」と決意。新たに長男Sさんが施主となり、彼の職場に近い阿蘇市で、父母と住める家づくりを決めた。早速ビルダーを10社近く回ったが、「土足で暮らす」というセオリー外の家づくりのため、受けてくれる所がなかなか見つからない。そんなときに訪れたのが[アイ-ウッド]だった。「『土足の家、できますよ』と、担当の方がその場でラフ画を描いてくれたんです。それが理想以上の素晴らしさで、すぐお願いすることに決めました。過去にも土足の家を作ったことがあるとのことで、ノウハウを持っているというのも大きかったですね」と、その懐の深さに大きく感激したというSさん。玄関から入ると土間空間が広く伸び、高い天井に見せ梁と明かり窓、小上がりのキッチンが見える風景。この時描かれたラフは、ほぼそのまま採用された。

イメージ画像
料理はお父様の担当、家族そろっての食事が日課

玄関から入ってすぐ左右にお母様とSさんの個室。そして奥には、お父様の個室兼作業部屋があるH邸。「店舗で使われている土足用のフローリングを見つけてくれたり、父が描いた間取り図を元に設計してくれたり、けっこう無茶なお願いもしましたが(笑)、アイ-ウッドさんの包容力がありがたかった。納得の品質、かつ予算内で叶えてくれました」とSさんは大満足の表情。

イメージ画像
窓から見える大観峰は最高!

しっかりした土台と丁寧なケアのおかげで“好きに暮らせる“家に

家づくりの際、一家が強くお願いしたのが、「家を完成させないで」ということだった。住み始めて3ヵ月経った取材日も、お父様の個室兼作業場はまだ内装もできておらず、広い敷地が確保されている庭もほぼ手つかず。「部屋も庭も自分たちの手で少しずつ作って、『育てる家』にしたかったんです」。庭ではウッドデッキとファイヤーピットを手作りし、果実がなる木を植えようと計画中。お母様も、すでに3回も自室の模様替えを楽しんでいるという。「アイ-ウッドさんが小まめなアフターメンテナンスできちんと家を見てくれているから、私も安心して家や庭を触れるんです」とお父様はキラキラした笑顔。

イメージ画像
玄関土間から繋がったカウンターキッチンは、リビング代わり

そして、「おこもり感が好きで、家具も固定している方がいい」というSさんの部屋には、オープンタイプのクローゼットとパソコンに集中できるデスクを建て付けた。プライベートの時間はゆっくり部屋にこもって、自分らしい時間の過ごし方を楽しんでいる。

家族のそれぞれのライフスタイルを描きながら、この家はこれから無限大に成長していく。

イメージ画像

関連するお客様の声

0120-096-255

電話受付/9:00〜17:30(水曜定休)

営業時間/9:00〜18:00